かなめ測量株式会社

つくばから街へ、世界へ、宇宙へ

「ハワイとの距離を1ミリの精度で測る男」

測量士・土地家屋調査士
元国土地理院 主任研究官
髙島 和宏

ご挨拶

代表取締役の高島和宏と申します。
平成8年から18年間、国土交通省国土地理院におきまして
基本測量に携わってまいりました。
基本測量は測量体系の出発点となる分野であり、
一番の基礎となる部分で社会全体に対して
お役に立てるようがんばらせていただきました。
人生の後半は、今まで培った経験と技術を生かし、
皆様にもっとも近い土地や建物の測量分野にて、
お客様一人一人に合わせてお役に立てるサービスを
提供していきたいと考えております。

略歴

1971年07月
名古屋生まれ
1990年03月
名古屋市立菊里高等学校卒業
1994年03月
東北大学工学部情報工学科卒業
1996年03月
東北大学大学院情報科学研究科修了
1996年04月
国土地理院入省
2000年10月
米国NASAゴダード宇宙飛行センター派遣(1年間)
2007年4月
国土交通大学校測量新技術研修官
2014年06月
茨城土地家屋調査士会登録
2014年07月
かなめ測量(株)代表取締役

所属

「ミスの許されない測量も高い技術力で対応」

「最新機器導入」~スピーディー&高信頼性~

GNSS受信機
 米国GPSの他、ロシアGLONASS、日本QZSS(みちびき)等も利用し、地球の中心を原点とする世界測地系に基づいた位置を測定いたします。
オート追尾TS(トータルステーション)
 レーザーパルスと自動角度検出器を用いて、瞬時に距離と角度を測定します。従来の土木施工に見られるような静止したものに対する測定のみならず、自動追尾機能を利用した移動体の連続追尾計測も可能です。

「完全デジタル化」~電子納品・電子申請対応~

CAD(測量設計ソフト)
 測量計算はもちろんのこと、測量機器で得られたデータを素早く正確に図面にして納品いたします。一般的な測量設計CADだけでなく、GISにも対応したスイス製のCADも導入しております。また、後続作業へもスムーズにデータ利用できるようAutoCAD、ArcGIS、GoogleEarth等の希望するファイルフォーマットでの電子納品にも対応可能です。

「様々な現場で培った経験値」

敷地現況調査

住宅新築の際、建物を設計するための基礎資料として敷地の測量が必ず必要になります。間口、奥行き、形状、面積、高低差などが主に測定される項目です。当社では、それらに加え、敷地境界が不明や曖昧になっていないかも、重要な調査項目として取り扱っており、測量の際には、可能な限り隣地所有者の立会いの下、法務局に登記された台帳と照らし合わせて境界杭の確認を行っております。場合によっては、境界杭が曲がっていたり、抜けたりしていることもあり、元の位置に復元するための測量も実施する場合もあります。「杭を残して、悔いを残さず。」新居での円満なご近所づきあいに、少しでもお役に立てたらと思っております。

方位測定

日常生活で北の方角が知りたい時は、コンパス(方位磁石)や太陽や星の方向を利用して測ることができます。ただ、この方法では、あまり精度が高くないだけでなく、コンパスの場合は近くに鉄骨の建物があったり、太陽や星は、晴れていないと測定することができません。当社では、GNSS(グローバルナビゲーションサテライトシステム)受信機を用いて、人工衛星からの電波を用いて、方位を測定する方法を採用しておりますので、天候等に左右されることなく、正確にかつ短時間に測定が可能です。近年では、太陽光発電を導入される方が増えてきており、「可能な限り高精度に真南に向けて設置したい」というご要望にも、十分ご満足していただけます。

宇宙測地技術

宇宙測地技術全般の知識を有しておりますので、電離層遅延誤差などGNSS測量などにおける誤差についてもお客様の求める精度に合わせた効率的な測量方法をご提案できます。

© IAG GGOSプロジェクト http://www.ggos.org/

かなめ測量株式会社

会社名
かなめ測量株式会社
設立
2014年7月
資本金
1000万円
代表取締役
高島 和宏
住所
〒300-2622 茨城県つくば市要332-30
電話番号
029-899-8410
FAX番号
029-307-8276
電子メール
info@ksok.co.jp
お問い合わせ